せどりガールうらつが40歳からせどりで稼いで住宅ローン3,000万円完済★

元非正規社員のアラフォー独女OLが経験ゼロからせどり始めて月収50万円OVER稼ぐまで至った記録を全部暴露しちゃうブログです♥

*

洗濯機から臭いやワカメが出たら黒カビ注意報!酸素系漂白剤で対策しよう!

      2018/08/15


スポンサーリンク

洗濯機がなんか臭いな…

 

 

よく洗濯をしていると
なんか洗濯機が異様に臭ったり

洗った洗濯物が臭ったり
ワカメみたいなフィルム状で
黒いようなものがついていたりすること
ありませんか?

 

それらは洗濯機の洗濯槽が
一見きれいに見えても
洗濯槽の裏側にこびりついた

 

「黒カビ」が原因かもしれません。

 

というわけで今回は
洗濯槽の汚れとされる黒カビの原因と
解消方法についてお伝えします。

 

洗濯機に黒カビなんてあるの?

日々洗濯をしていて
一見、洗濯機はきれいに見えていますが

 

洗濯槽の裏側は

 

溶け残った洗剤や付着した
垢や泥など汚れがこびりつきやすく、

 

元々水を扱うので湿度も高く
黒カビが増殖しやすい場所なのです。

 

洗濯物に
黒いわかめみたいなもの
がついていたら

 

確実に洗濯槽の裏側は黒カビだらけ
だと思ったほうがいいです。

 

黒カビの原因

黒カビがはびこる原因は主に4つです。

①エサ

 ●酸性石鹸
 (石鹸カスの一種で汚れに対して石鹸や洗剤が
  極端に不足したときにできるネトネトした物質) 
 ●金属石鹸
 (石鹸カスの一種。石鹸と水中のミネラル分が
  反応してできる粉末状の物質)
 ●服についた食べ残し
 ●洗濯のときに溶け残った石鹸や洗剤

 

②適度な水分

カビは相対湿度75~100%
よく増えます。

洗濯が終わったあとに
洗濯槽に残る程度の水気は、

カビの繁殖にはとても都合がよいのです。

 

③繁殖に適した温度

カビが繁殖しやすい温度は
20~30℃と言われており

気温がこの温度帯になりやすい
春~秋が実はカビの要注意シーズン

だったりします。

 

④繁殖に適した洗濯機の構造

もっともカビが増えやすいのが
縦型全自動洗濯機


洗濯槽の構造が二重になっている
ことがほとんどです。

そのすき間にカビの好む湿気や
栄養分が溜まりやすく、
風通しもよくないので繁殖しやすいのです。

黒カビ予防のためにできること

①エサをなくす

●食べかす
 洗う前に衣類を点検して
 服にくっついている
食べかす
 などを取り除く。

●洗剤の溶け残りや石鹸カス

 溶け残った洗剤や金属石鹸・酸性石鹸
 すべて黒カビのエサになるので

 汚れに対して適切な量の石鹸や洗剤を使い、
 適切な水温でよく溶かしてから洗濯をします。
 すすぎもきちんと行いましょう。

●アルカリ洗濯を取り入れる
 セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)や
 炭酸ソーダといったアルカリ剤
 有機物を含まない無機化合物なので、
 カビのエサになりません。

 界面活性剤ではないので
 地球に優しかったりします。
 アルカリウォッシュでも
 十分汚れは落ちるので
節約にもなります。

 

②水分をなくす

洗濯が終わったら

洗濯機のフタを開けて
湿気がこもらないようにします。

(乾燥させる)

乾燥機能を定期的に
使うのも効果的です。

熱を使わない簡易乾燥機能でも
カビ防止に効果があります。

 

③繁殖しやすい温度にしない

カビは37度以上だとあまり成長せず
死んでしまうものも多いと言われています。

乾燥機能を使うと槽内が高温になるので
カビを殺すことができますし

高温にすることで湿気が飛び
水分がなくなるので

カビも繁殖しにくくなります。

 

④洗濯槽の掃除を定期的に行う

カビの繁殖しやすい温度帯は
人間が過ごしやすい温度帯でもあり、

また、洗濯機は水を入れて使う機械で
湿気を完全になくすことは不可能なので

カビを完全にシャットアウトすることは難しいため
定期的な洗濯槽掃除が必要になります。

 

というわけで
今回は洗濯槽の掃除の仕方をお伝えします。

 

洗濯槽掃除方法

①洗濯機に45-50℃のお湯を張る
これは酸素系漂白剤の
活性酸素が活発に
働く温度だからです。

酸素系漂白剤を投入
45Lでだいたい400gくらい。

③洗濯機を洗いのみで稼働
②で投入した酸素系漂白剤を溶かすため

④③で酸素系漂白剤を溶かしたら数時間~一晩置く
洗濯槽の裏にある黒カビを浮かすため

 

①-④までを実際にやっている動画はこちら
洗濯槽の掃除してみよう【その1】 
(酵素系漂白剤って言っていますが正しくは酸素系漂白剤です)

⑤④で数時間~一晩置いた後洗濯槽に浮いた
 黒カビを
網ですくう。

⑥⑤ですくった黒カビがある程度なくなったら
 洗濯機を『洗い』で稼働

 

 

⑤と⑥をある程度
黒カビがなくなるまで繰り返す

 

 

⑤-⑥までを実際にやっている動画はこちら
洗濯槽の掃除してみよう【その2】

⑦⑤⑥を繰り返して
 黒カビが減ったと思ったら
 排水して水に入れ替え『洗い』で稼働

⑧浮いてきた黒カビを網で掬う

 

⑦と⑧を黒カビが浮いてこなくなるまで
 根気良く続ける。(10回は必要かも)

 

⑨いよいよ黒カビが浮いてこなくなったら
 排水して洗濯槽を乾燥させる。

 

 その際、蓋は開けっ放しにしておくこと
(蓋を閉めると湿気が篭もるので
 カビが繁殖してしまう)

 

⑨の実際の動画はこちら
洗濯槽の掃除してみよう【その3】

⑩洗濯槽がきれいになって
 気持ちよく選択できること請け合い!

 

終わりに

いかがだったでしょうか。

 

見えないところにも
結構汚れはあったりします。

 

普段は取り切れない黒カビを
こうして掃除することで
気持ちよく服を着ることもできますし
環境を整える一環になるので

 

是非休みの日に
洗濯槽の掃除をしてみてください。

 


 

スポンサーリンク


最後に、もう一つ


ブログランキングに参加中です★
クリックで応援してくださると嬉しいです(´∀`*)
↓  ↓  ↓
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



 - 日常, 暮らし, 洗濯

  関連記事